自画自賛

ここ最近、メイクノリがいいなというか、なんか若返ったかも!?なんて自画自賛する機会が増えました(笑)

たまーにですけど、おかげ様で周りの友人にも言われることがあるんですよ♪

なんか、久しぶりに会ったけど30代みたいだね、なんて。
もちろん、ただのお世辞かもしれませんが・・・(笑)
それでもこう言う風に言ってもらうことができるというのは、個人的に嬉しいものですよね(^O^)/

でもいきなりこう言う風に言われるようになったのはなんでだろう・・・そう思っていろいろと考えてみたら、
そういえば最近、40代になったわけだし、40代のアンチエイジングの一環として、ほうれい線対策を頑張ろうと決意して、
ほうれい線対策に意識を向けてアンチエイジングに取り組んでいたんです。

なので、もしかしたらこの成果が出ているのかなーって、個人的にワクワクしています★

こういう風に自分だけではなく、いくらお世辞とはいえ周りからもこういう風に言ってもらうことができる状況って、
自分の40代のアンチエイジングに対するモチベーションもものすごく、ぐぐっとあがりますよね(≧◇≦)

この調子で、ほうれい線対策だけではなく、もっとほかの40代のアンチエイジングにも視野を広げて取り組んでみいようかしら・・・。

そう思ったアラフォー女子の1日でした( *´艸`)

http://xn--40-g73ah8xqds20x39g2zdjo6kp0c.xyz/

絶対はない、ですよね

やあ、皆さんのアイドル私(匿名希望)がやって参りました。

なんつーか、よくもまあぽんぽん新製品が出るものですよねえ…。

今回は化粧品についてですが、身の回りを見ると、毎日何らかの新製品が出てるよーな気がする。
自宅のすぐ近く(徒歩30秒)に自販機があるんですが、結構頻繁に商品が入れ替ります。
自分が気に入った商品がなくなると、「世の中のやつらは飽きっぽすぎる!」と憤慨です。
新製品て、確かにワクワク感がありますが、やっぱり不安もありますよね。

世に出るまでに、色々テストを繰り返しているはずなので、ほぼほぼ安全だとは思う。

思うのですが、相性とかもありますから、絶対はないわけです。
「自販機のジュースなんて100数十円、試して駄目ならもう飲まなきゃいいだけじゃん?」
まあ、そうなんですが、実はジュースのことでなく、化粧品のこと。
幹細胞美容液
とか言うものです。

流石に化粧品はジュースよりずっと高いし、肌に使うものだから多少は神経質になります。
で、この美容液のなにが気になるかと言うと…漢字だけ、しかも「幹細胞」ていう意味が掴み辛い(笑)。
漢字だけの化粧品も、意味が分からない言葉の化粧品も、今までありましたよ?

ただこの二つが揃ったので、ちょっとだけ警戒心(単なる無知ともいう)がONになっちゃったんですよね。
現代社会は、分からないものはすぐにしらべられるので、早速検索。
検索中…search…

ほほう、なるほど…フムフム…こ、これは!
ここで教えたいのですが、高レベル機密事項。漏らすと私のアイドルとしての立場がヤヴァイ…でも一つだけ。
「JFエッセンス幹細胞トライアルセット」
これ以上は自己責任でね。ちなみにこの情報は自動的に消去…されません。
幹細胞コスメのランキング

仕事以外の時間も必要

女性が外で働くっていうのは、
ただ「働く時間」が生まれるだけじゃなくて、
お化粧やバッグや服や靴、ヘアスタイルなど
身だしなみを整える時間や費用も生まれるんですよね。

家事と育児に追われるワーキングママは
つい自分のことが二の次になってしまいがちだけれど
それでもお客さんや同僚に不快感を与えないくらいの
最低限の見だしなみは仕事のうちだと思います。

とはいえ、朝は戦争。

のんびり洗顔、ふきとり化粧水からはじめて、
何種類も塗ったり伸ばしたりしている時間はありません。
働くママの美容方法って、時間との闘いでもあります、しかし。

そんなワーキングママの救世主、オールインワン!

最初にオールインワン化粧品が出てきたときは
「なんて胡散臭いんだろう」と思っていたのですが
これ、なかなかやりますよ。

一番の効能は
「私、ちゃんとスキンケアした!」っていう安堵感です。
もちろん、ただ化粧水バシャバシャたたきつけただけよりも
実際にはるかにしっとりが保てますよ。侮るなかれ、オールインワン。

そして、夜は、出来ればもうすこし丁寧に
家事育児仕事にグッタリなお肌を、慈しんであげたいですよね。

毎日は無理でも、週に3日くらいは
「私、今日も頑張った!」と自分をほめながら
マスクシートでパックをしてあげると、心もお肌もしなやかになります。

子供が小さいときは、
「月、水、金はマスクシートの日」って決めて、
わざと子供を寝かしつけるときにシートを貼るようにすると

「今日はママ、顔ナシ(ジ●リのアレです^^;)の日?」

なんて言ってキャーキャー喜びながら、
曜日の感覚を身につけたという思わぬ効果も(笑)

「ちゃんとケアしなきゃ!」と義務感で頑張るよりも、
楽しくやれるケアの方が長続きするし、お肌にもきっといいですよね。

http://xn--nckg2la5fza5d8162c0n5c.xyz/

参考程度にはよさそう

子供の能力を見る遺伝子検査があるらしいですね。

遺伝子検査ですべてがわかる訳ではないでしょうし、そもそも「氏より育ち」なんて言葉があるくらいなので、努力でカバーできることだってある。

ただ、親って色々期待しちゃうじゃないですか?

子供がたまたま上手くいって、偶然少し続いたら、それだけで「天才?」とか思っちゃう。

でもたまたまなら、いつかは飽きちゃうかもしれない。

でも、向いてるなら無理させない程度に続けて欲しいし、そうでないなら「しょうがないね」でさっさと諦めたい。

その参考にするために、子供の才能や能力の傾向や方向性とかを予め知っておくのは、悪くないような気もしますね。

それに子供って時々、親が理解不能な行動とかするじゃないですか?

遺伝子が行動全部を決定してるなんて思わないけど、もしかしたら、理解する手がかりにはなるかもしれません。

もちろんデメリットもある。

遺伝子がすべてじゃない、と言いつつも、遺伝子検査では得意なはずの科目で成績よくなかったら、「さぼったからだ!」とか決めつけそうだ…。

成績なんて普段の勉強、つまり家庭環境も当然影響するから、遺伝子だけじゃ絶対に決まらない。

子供の才能や能力について遺伝子検査するなら、メリットとデメリットをきちんと理解しないとね!

遺伝子検査を子供に受けさせたい!子供の隠れた才能や能力が分かります

ガクト愛用の筋トレサプリ

痩せたいなら、運動して余計なものを食べないこと。

余計なもの…はわかるけれど
運動しても、そんなにかんたんには痩せないですよね。

プヨプヨの身体よりは
筋肉質の身体のほうが、エネルギーを燃やしやすくて
同じ運動量でもよく痩せるって聞いたけど、

筋肉質になるには、運動しなきゃいけないわけで(笑)

とりあえず、てっとり早く筋肉質になるには
どういう運動がいいのかなって思って
筋肉マンのブログを探していたら、見つけました

ミスター筋肉マン、Gacktさん!

いやいやいや、これほどの筋肉は…。

と、思ったら、なんとサプリ使ってるじゃないですか。

なんだ、Gacktさんでもサプリ使うんだ。

ガクトのサプリは「メタルマッスルHMB」というやつで、
普通にプロテイン飲むよりいいらしいです。
キモはHMBらしい(難しいので流します笑)

メタルなマッスル!

そこまでマッチョにならなくてもいいけど
手っ取り早く筋肉質になるにはよさそうですね。

もちろん、ただ飲めばいいってもんじゃなさそうなので、
無理のない運動と合わせて、気づいたらいい感じに筋肉がついて
気づいたら痩せてた、とか、かっこいいかもしれないですね。

たぶん、筋肉ついたら、運動楽しくなると思うんですよ。
いまプヨプヨだから、なかなか立ち上がれないんだと思います。

頑張るぞ?。

脱毛処理への抵抗

私は20代前半の頃に脱毛に通っていました。
施術先の方にアンダーヘアの処理を無料で出来るキャンペーンをしているのでやらないかと言われました。
しかしアンダーヘアの処理にはかなり抵抗があり、また人に施術してもらう事はよけいに嫌でした。
20代後半になってくると自分で処理をしていてもアンダーヘアの埋もれ毛などは綺麗にならず2日目にはもう綺麗でなくなっていました。
アンダーヘアなので毎日やる時間もなく、肌も傷がついてしまうためどうしたらいいか悩みはじめました。
しかも私は毛が多くて濃いので出産を控えた時には若い頃にアンダーヘアの処理をきちんとしておけばよかったなと思いました。
施術だと永久脱毛なので処理の心配はありません。

私がアンダーヘアの処理に興味がない時、会社の同僚や後輩がアンダーヘアの処理について話をしていました。
女性としての身だしなみとして大切だという意見でした。
匂いや生理中も衛生的で良いと言っていたので、そこには共感しました。
しかし他の方に施術してもらうのは抵抗があると言うと、みんなやっているし今の世の中だと常識だよと言われました。
私は驚いてネットなどで調べてみました。
すると若い男性からの意見でも処理されていない女性には引いてしまうや、マナーとして大切などの意見がありました。
そこで初めてアンダーヘアの処理が必要だと思いました。
出産を経験してもっと若い子に埋もれ毛などを改善するために脱毛に通っていればよかったと思いました。

よくないものを出す

毒素が溜まってるのかもしれないね、という言葉に思わず振り向きました。
これは聞いてみようと思ったので、何か女性陣が集まっていかのです。

何だか興味で聞いてみると、ダイエットのことから始まったらしいのでした。
ジムとかかなぁと思っていると、持っと違う物なんだけど知ってる?というのです。
突然集まって来た私は、反対に何のことか分からないんだけどね?と言います。

ゴメン!といいながらまた始めはのは、飲み物の話だったので、そこから本格的聞くことにしたのです。
何気なく聞いていると、女性なら誰でも考えるでしょう、どうやって痩せるかでした。

同僚の話では、見つけたというのですが、飲み物からの紹介でした。
まずは毒素のことが気になり、デトックスティーの話だということが分かります。

なるほどね、それでデトックスティーでダイエットの話に繋がったのかと思ったのです。
同僚の他、5人がいましたが、存在は知っているけど実際はまだという人もいました。

私のようにこの場で始めて聞いた人もいたのですが、名前は聞いたことじゃなく見た気がします。
どこでみた開忘れましたが、ダイエットの話でみんな集まっていたのでした。

休み時間が終わった頃には気になってしまいませんでしたが、別の日に聞こうかな?と思います。
帰りの時間がずれるのは分かっていたので、しかも次の日は休みというのです。

何だか気がかりなままでしたが、デトックスティーは妊娠中も安心ということなので自分でもデトックスティーについて興味がかなりありました。

妄想が始まっちゃったのかな

最近仕事がとても忙しいです。
連日残業してるし、やってもやっても仕事が減りません。
私は新人なのでまだマシですが、
席が近い先輩は本当に大変そうです・・・。

いつも一緒にお昼を食べていますが、
オーラが疲れ切っていて、話す内容もめちゃくちゃ暗いです(;O;)

先日のランチの時も、私がいっぱいいっぱいで、
先輩に思わず「人が増えれば業務も減るんですかね・・・」
なんて愚痴っぽいことをぽろっと言ったら、
先輩が怪しくニヤリとしながら
「人事にかけあっても大して話は進まないけど、
今はネット上にすごいサービスがあるんだよ」と言い出しました。

「先輩、ついに頭がおかしくなって妄想が始まっちゃったのかな」と
思いながら話を聞いてみると、
どうやら妄想ではなく、ちゃんとした現実の話みたいです。

記帳代行クラウド?の
オンラインアシスタント「フジ子さん」というものがあるようです。
なんでも必要なときに必要なだけ仕事を頼めて、幅広い業務に対応なようです。

「それって今まさに必要なやつじゃないですか!」と
私もめちゃくちゃ食いつきました。
先輩ドヤ顔です。
先輩もこの前業務中に、もうどうしようもなく疲れたようで、
仕事ほっぽり出してネットサーフィンしてたらしいんです。
その時にいろいろ検索してたら、さっきの情報にたどり着いたらしいんです。

私は最新のものに結構疎いので、
このようなサービスはあまり知らなかったのですが、
ドヤ顔の先輩に習ってこれから検索したいと思います(‘◇’)ゞ

今は常識?

アンダーヘアのお手入れなんて結婚前にしか考えたことがありませんでした。
それも海やプールに行く時ぐらいです。
学校の授業ではそこまで気にしたことがなかったですね。
何といっても体育の授業は女子ばっかりなので。
それよりもよく見える足や腕の毛の方が気になったものです。
でもいざプールに男女で遊びに行こうとなった時はいつも焦っていました。
まずはハサミで切ってその後はカミソリで処理するといった感じです。
残り毛がないか冷や冷やものでした。
その場しのぎで過ごすと毛が伸びかけの時チクチクするんですよね~。
ずっと仕方がないことだと思っていました。
そんなアンダーヘア用のヘアカッターがあるなんて思ってもみませんでしたら。
今みたいに気軽にネットで検索できる時代でもなかったですからね。

今ではアンダーヘアはお手入れするのが当然の時代のようですね。
自然にするのが今流というかエチケットのようで全然知りませんでした。
水着を着なくなってからはいつも自然体の私でしたが、体質が変わってから何だかアンダーヘアを邪魔に感じるようになりました。
夏場はムレの原因になるようだし、なければない方がよいですね。
かと言って伸びてくる時のあの不快感が嫌だし。
常に気軽に処理できればよいわけです。するとあるではないですか。
アンダーヘア専用のヘアカッターが。しかも女性専用。
ボディー用だと絡まったり毛の先がとがっていたりでなんか気になっていましたが、毛の先を丸く剃ってくるものもあるようです。
なかなか種類が豊富なようです。
最近では子供と温水プールに行くことも増えてきたのでヘアカッターは必需品になりそうです。

すごく手軽になった美容整形

鼻が低くて横に広がっているのがコンプレックスですが、今回のお話は実際に切らない小鼻縮小を施術した友人のお話になります。
大手美容整形外科で施術を受けたようですが、20万円でお釣りが返ってくるようです。
当日施術をして痛みも特になく、数時間後には帰宅できるようです。3日経過すれば跡形もないようです。
実際に施術をした友人は顔がもともと小さかったので、とても小柄で可愛らしい顔になっていて羨ましいなと凄く思い、情報収集をはじめてみましたが、「それじゃ!実際に美容整形を受けてみよう!」という1歩を踏み出すのに少し抵抗があります。
やっぱり親から頂いた顔だし、成功するかわからない。
でも、美容整形に勇気を出して1歩を踏み出した女の子は可愛くなっているようです。

顔にコンプレックスが多い私は美容整形には凄く興味があります。
また、身近の女の子には整形を実際にしている子も多いですし、話を聞いてみると10代の頃に整形を初めてしたという話を聞くことがあり衝撃を受けました。
特に多いのは二重でしょうか。
今回、切らない小鼻縮小をした友人は小顔だったので、小鼻になったことで凛とした顔立ちに変身をしていて正直羨ましかったです。
今はお手頃な価格で美容整形ができるようで、何度もホームページを閲覧などしていますが、親からもらった顔にメスを入れることや、本当に自分の顏にあったパーツになるのだろうかという不安から、なかなか1歩を踏み出せません。
でも、少しずつ整形をしている子も増えてきて文化は変わってきているのかなという実感はします。